理化学研究所 マウスiPS細胞から皮膚器官系の再生に成功「先天性乏毛症などの治癒につながると期待」

2016年4月2日のプレスリリースです。
http://www.riken.jp/pr/press/2016/20160402_1/

本研究は将来、皮膚の重度の外傷や熱傷などの完全な再生を可能にするとともに、先天性乏毛症などの深刻な脱毛症や皮膚付属器に関する疾患の再生治癒につながると期待できます。

まさかこんなに早く、「iPS細胞で先天性乏毛症の治癒」に関係するニュースが発表されるとは。

もちろんまだまだ時間のかかる話だということはわかっています。

できれば塗り薬で簡単に対応できるようになればとも思います。
でも逆に、移植しちゃえば薬も塗り続けなくていいんですもんね。(頭皮移植なんて大変な手術になりそうではあるけど・・・)

早く先天性乏毛症の治療法を選べる時代がくればいいな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『理化学研究所 マウスiPS細胞から皮膚器官系の再生に成功「先天性乏毛症などの治癒につながると期待」』へのコメント

  1. 名前:わん 投稿日:2016/11/02(水) 11:30:29 ID:e54e0f65d 返信

    初めまして。
    娘が先天性乏毛症の疑いとのことで検査を受け、現在結果待ちです。
    今までそういった髪の病気があることも知らず、今回初めて色々調べました。
    治療法もない、医療用ウィッグを購入するにも助成等があるわけでもないという現実にとてもがっかりしました。
    少しでも何かできる事があれば…と思い色々検索しましたがよくわからず(;_;)
    例えばですが創薬の為のサンプルの提供や、先天性乏毛症で苦しんでいる人辛い思いをしている人がたくさんいる事を知ってもらう為に何かできたら…と思ったのです。
    娘の為に、先天性乏毛症の方々の為に一日も無駄にしたくないと思いました。
    mamaさんは何かそういった事、御存じないでしょうか?(>_<)

    • 名前:mama 投稿日:2016/11/08(火) 15:36:18 ID:8efe8bc26 返信

      わんさま

      コメントありがとうございます。返信が遅くなってしまって申し訳ありません。
      私も創薬完成を待ち望んでいる一人です。

      先天性乏毛症について原因がわかった(論文が発表された)のも、ほんの数年前です。
      それまでは、病院に行っても「遺伝だから」で済まされていたようで、現在大人の方でもご自身が先天性乏毛症だとご存知ない方がたくさんいらっしゃるようです。

      ここ数年でようやく、先天性乏毛症のコミュニティができてきました。
      主なコミュニティを二つご紹介させていただきますので、よろしければぜひご参加ください。
      私も、どちらにも参加しています。

      [mixi] 先天性縮毛症/乏毛症 冠花の会
      先天性縮毛症/乏毛症についての情報発信や、 当事者・家族同士の交流・情報交換を目的としたコミュニティ
      http://mixi.jp/view_community.pl?id=6271309&from=home_joined_community

      [mixi] まほうのとびら
      乏毛症、脱毛症の子どもを持つ親のためのコミュニティ
      (親ならではの悩みや情報交換の場です。冠花の会とあわせてご参加ください。)
      http://mixi.jp/view_community.pl?id=5624306&from=home_joined_community